消費者金融で「仮審査」はOKでも「本審査」でアウト!理由は?

消費者金融で今回申し込みをしまして、仮審査は通りました。「これで大丈夫だろう」と思っていた矢先、なんと本審査で落とされてしまったのです。いったい、何が良くなかったのでしょうか?仮審査は通ったのに、本審査はダメなことってよくあることなのですか?

仮審査を通過しても、本審査で落ちることもあるのが事実です

消費者金融で申し込みをして、仮審査を通過した場合ですと本審査も通過することがほとんどです。ですが、仮審査を通過したのにもかかわらず、本審査では落ちてしまった、ということもまれにあるのが事実です。いったいどういう場合だと、本審査は通過できないのでしょうか?

よくあるパターンとして、仮審査と本審査において申し込みの内容に食い違いがあった場合に、審査落ちとなってしまうことがあるのです。たとえば仮審査の申し込みの時点で、ウソとは行かないまでも、就業先や年収、勤続年数などを適当に記してしまった、または、他社での借り入れがあるにも関わらずその記載をしなかった、などです。

個人情報を含めたこういった情報は、申し込んだ消費者金融の審査担当者が、個人信用情報機関に問い合わせするとある程度は分かってしまいます。そのため、契約希望者が記載した内容と実際の情報が大きく食い違った場合、本審査で落ちることもあるのです。これは仕方のないことかもしれませんね。悪意のあるなしに関わらず「ウソの記載をした」と取られてしまうでしょうし、そういう人には融資をこばみたくなるものです。

それ以外として考えられるのは、審査に落ちるかもしれないからといって、複数の金融機関に申し込みをしていませんでしょうか?短期間にあまりに多くの金融機関に申し込みをしてしまうと、「なにか金銭面でトラブルを抱えている人かもしれない」と勘ぐられ、審査をする側からすると良くない印象となってしまいます。短期間で申し込みをするならば、多くても3社までにしておきましょう。審査に落ちてしまったときの保険のつもりで、それ以上あちこちに申し込んでしまうと、いわゆる「申し込みブラック」として本審査で落とされてしまうかもしれないのです。

また、消費者金融での借り入れを完済させようと思って、銀行のカードローンに申し込んだ場合も、本審査で落とされる可能性が高くあります。この場合、銀行のカードローンのほうが一般的に金利が低いですから、それを狙って借り換えしようとしても、事前にきちんと説明をしておかなくては融資する側は分かりませんね。自分としては借り換えのつもりでいても、金融機関からしたらただ単に「あちらこちらから借入れしている人」としか映りません。借り換えのための前向きな融資を希望している、という事実をきちんと伝えておけば、審査に通る可能性は上がるでしょう。

このように、仮審査に通ったからと言っても、本審査で落ちてしまういくつかのパターンがお分かりいただけたかと思います。なぜ落ちてしまったのかという本当の理由については、各金融機関それぞれ審査の基準が違うため、実際のところは部外者は知ることはできないのです。しかしこの場合ある程度の察しがつきますので、今後に金融機関の審査を受けるにあたっての参考になさってくださいね。

消費者金融の仮審査と本審査の仕組みと通過ポイント

カードローンの審査の流れは各社で違いがあり、大きく分けて仮審査と本審査の二つで構成されています。消費者金融の場合も同様の仕組みですが、先ず利用者の申し込み内容を受けて与信をかけます。この時に活用されるのが自動与信システムで、機械的に審査をかけます。各社のシステムの内容に違いはありますが、自動与信システムは過去の顧客データを元に属性を切り分けてスコアで判定するものです。スコアが高いほど、信用度も高く与信枠も大きくなります。

自動与信システムは、まだ仮の段階です。申し込み時に提出された本人確認書類を元に、次は人間の眼による本審査をかけます。基本的には申し込み内容と本人確認書類に相違がないかをみるのが中心で、内容の相違や漏れがなければ与信担当者の最終決済をもって振り込みの実行となります。決定を行うのは常に人のチェックの眼であり、金融会社のほとんどで実施されているものです。

銀行のカードローンの場合は保証会社を通じて仮審査の結果として与信枠を契約者に知らせています。与信枠の内容を受けて同意が得られれば、融資となり、書類確認の本審査となります。この金融会社が出す仮審査は、ほぼ決定枠とも言えるものです。よほどのことがない限り、揺らぐ数字ではないのですが、何を審査の基準に置いているかは自社基準次第となります。実はカードローンの審査のポイントは自主基準を主とする仮審査にあります。カードローンの限度額など商品内容にもよりますが、どこも安定した収入を基本にしています。ただし、収入を明確に決めているところと安定だけで表記しているところに分かれ、勤続年数を具体的に挙げているところがあります。

収入の捉え方が異なるということは審査の通り方も変わるということです。ここにカードローンの通りやすさや逆の厳しさが混在しています。自動与信システムも同様で、何に属性のポイントを置くかでも変わってきます。最近の大手の傾向として支店ごとの与信ではなく、地域の拠点に集中して審査を行っています。これも支店レベルでのバラツキを防ぐもので、カードローンの審査の傾向の一つです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 →簡単にお金を貸してもらえるカードをお探しの方は絶対ここ← All Rights Reserved.