ブラックリストに載っても審査に通るには?

キャッシングベスト3

ブラックリストに載ってしまっても、審査に通るための裏ワザは?

実はカードローンの返済が何度か遅れてしまい、いわゆる「ブラックリスト」に載ってしまいました。こういった状況でも、なんとか別の消費者金融の審査に通るための裏ワザってありませんか??

ブラックリストに載ると、5年は借入れが難しい可能性が高いです

キャッシングやカードローンの借り入れをして、もちろん返済するつもりでいたのだけれど、ついうっかり返済日を忘れてしまった、ということがある方も多いのではないでしょうか?こういったほんの短い遅れの場合は、きちんと返済したのちはカードも使えますし、まったく問題はないように感じますね。ですがたった一日の遅れであったとしても、いわゆる「ブラックリスト」に載ってしまうのでしょうか?

結論としましては、ほんの数日の延滞では「ブラックリスト入り」となることはありません。数日間の返済が遅れてしまういわゆる「うっかり延滞」をしてしまう人は、実際のところ多いのが現状です。しかし「個人信用情報」の記録としては、たった一日の延滞であっても、「正常支払いでない」という意味のマークがついてしまいます。この支払いの記録は、直近の24か月分の履歴が残るため、新たに審査を受ける場合などに、多少良くない印象となってしまうのは事実ですね。

この「正常の支払でなかった」ときの記録を早く消すには、新たな借り入れときちんとした返済をし、良くない記録を押し出すしかありません。その間は、金融機関での契約に多少影響するかもしれない、ということを覚えておきましょう。

ではいったいどういったことをすると「ブラックリスト入り」となってしまうのでしょうか?これは、個人信用情報機関において、3か月以上の延滞をしてしまうと、返済事故としての記録となり、いわゆるブラックリストに載ってしまう、こととなります。すべて完済したとしても、その事故情報は約5年間は残ってしまいますので、この間はカードローンやほかのローン契約など、難しくなる可能性が高いです。

5年以上経過したとしても、延滞などの事故を起こした金融機関においては、また新たな借り入れをするのは難しい可能性もあります。というのも、同じ会社内ではそういった事故情報については、5年以上記録として残しているかもしれないからです。もし、金融事故ののち5年以上経過して、新たな借り入れをしたい場合は、その金融機関は避けておくことが無難かもしれません。

ご質問者様は「ブラックリストに載ってしまった」とのことですが、3か月以上の延滞をされたのでしょうか?3か月以上の延滞でその後の連絡もしなかったなどの場合、借り入れた金融機関の保証会社が借金の肩代わりをする「代位弁済」という手続きが取られたかもしれませんね。

また、支払いのめどが立たなかった場合は、弁護士などを仲介して金融機関と直接交渉してもらう「任意整理」や「自己破産」が考えられます。こういった大きな金融事故を起こした場合ですと、5年から10年は、新たな借り入れが難しい可能性があります。

今できることとしては、借り入れ可能な場合でしたら新たな返済実績を積み上げていくことでしょう。「きちんと返せる人である」という記録を、個人信用情報に自分で作っていくしかありません。また、今現在の借り入れが難しいようでしたら、しばらくの期間はなんとかやり過ごして資金繰りを考えていくことで、今後に備えた新たな資金計画を立てていきましょう。

ブラックリストに掲載されている場合、審査に通るためには

ブラックリストに掲載されると審査に通る事は出来ません。これは金融事故を起こしたという事からも、ブラックリストに掲載されている間は新たな申込みを行っても無理なのです。

所で、ブラックリストと言うのは信用情報機関が管理を行う個人情報に延滞、債務整理を行ったと言う情報が記録されることを意味しています。そのため、ブラックリストと言うリストが存在しているのではなく、信用情報機関が管理を行っている個人情報に事故歴と言う形で記録されている事をブラックリストと呼んでいます。また、これをブラックの状態とも言われています。

ブラックの状態は永遠に続くわけでは有りません。審査に通るためには事故歴が消えるまで待つしかありません。

事故歴が消えるのは一般的に5年から10年になると言います。この期間が過ぎれば審査に通る事は可能になるわけです。

但し、信用情報機関と言うのは幾つかの機関があります。それぞれ事故歴に対する対処の仕方が異なりますので、一つの信用情報機関の事故歴が消えても、他の信用状機関の事故歴が残っていれば新たな申込みを行う事は出来ません。

更に、ブラックは事故歴と言う形で記録が行われますが、短期間に申込みを行って断られることで申し込みブラックと言う形になります。これは事故歴とは別の種類のブラックの状態になりますが、個人情報を傷つけてしまう事になりますので、短期間での申し込みは避けなければなりません。

因みに、事故歴が消えるのは、返済事故の場合は完済後5年間と言います。返済事故と言うのは滞納を3か月以上してしまう事で個人情報に返済事故歴と言う形で記録が行われます。

また、自己破産を行った場合は免責許可が下りて免責確定後最大で10年になると言われています。

更に、遅延や延滞(短期間)の場合は一時的に遅延履歴や延滞履歴が記録されることになりますが、これの記録される期間と言うのは、事故歴と比べると短いのが特徴です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 →簡単にお金を貸してもらえるカードをお探しの方は絶対ここ← All Rights Reserved.