プロミスで事故ありでもまた借入れ可能か

キャッシングベスト3

実はプロミスで過去に事故があったけど…また借入れってできる?

実は過去に、プロミスで返済が遅れてしまうことが数回ありました。いわゆる「金融事故」ということになってしまったみたいなのです。それから何年か経っているのですが、最近またちょっとした資金が必要となることが多くなり、借入れを考えています。過去にこういった金融事故があっても、また借り入れってすることができるのでしょうか?

5年以上経過すれば金融機関によって借入れできるかもしれません

キャッシングやカードローンで借り入れして、返済しようと思っていたけど、ついうっかり返済期日を忘れてしまった、なんてことはたしかにありますね。ほんの数日の短い延滞は、いわゆる「うっかり延滞」といった利用者も多いのが現状のため、金融事故となることはまずありません。「金融事故ということになった」とありますが、もっと長く延滞されたのでしょうか?

プロミスにおいても、実際のところ数日から1か月以内の返済の遅れであれば、金融事故の扱いになるような大きなトラブルとなることはないでしょう。ただしだからと言って、同じプロミスで何度も何度も延滞を繰り返してしまっては、今後のプロミスでの融資などに影響する可能性は高いのです。一般的な「金融事故」とはならなくても、同じ会社内であれば細かい記録が残されているでしょうし、それがどう今後の融資に影響するかは部外者には分からないからです。

またよくありがちな「うっかり延滞」が問題にならないとするならば、どれくらいの期間返済しないと金融事故となるのでしょう。これは個人信用情報機関において、3か月以上の延滞となると、返済事故として記録が残されてしまうのです。返済をきちんとするまではもちろん、その事故情報は完済したのちも5年間は残りますので、その間はカードローンやほかのさまざまなローンの契約が難しくなる可能性が高くなってしまうのです。

それならば、5年以上経過すればどこでもまた借入れができるか言うと、これについてははっきり分からない所もあります。というのは先ほど述べたように、実際に延滞してしまった金融機関内では、そういった内部での事故情報についてはどう扱っているのか分からないためです。

たとえばプロミスでも、信用情報機関と同じように5年間は記録を残しその間だけは融資しないのか、または事故のあった債務者については一生取引をしないのか、どう取り扱っているかは内部情報であるため知ることができないのです。ただひとつ言えるのは、その延滞してしまった金融機関においては今後、一生融資してもらえない可能性は残るということです。

また、長期延滞してしまった過去がある場合はどうでしょう。延滞が3か月以上続き、プロミスからの返済を求める連絡に応じないなどの場合は「代位弁済」という手続きが取られているはずです。代位弁済とは簡単に言うと、プロミスの保証会社が借金の肩代わりをするのです。プロミスから借りた借金が保証会社に移り、その後は保証会社に支払いをしていくことになります。代位弁済が実行された後も支払いできなかった場合は、「任意整理」、「自己破産」などとなっていきます。これらの大きな事故情報になると、7年から10年は個人信用情報に残ると言われています。

脅すようなことも述べてしまいましたが、実際はこういった大きな金融事故を過去にしている人でも、年数が経過したのちに、再度借入れされている例は数多くあります。過去の自分の事故情報を知っておきたい場合は、個人信用情報は自分のものならば申請を出せば閲覧できますので、一度確認してみてもよいかもしれませんね。

プロミスなら過去に事故歴が在ってもキャッシングが利用可能?

プロミスはSMBCコンシューマファイナンス株式会社が運営を行う消費者金融のサービスブランド名です。従来は、プロミスが社名になっていましたが、貸金業法が改正されたことで経営が難しくなったことなどから、大手銀行の傘下になり現在ではSMBCコンシューマファイナンス株式会社と言う消費者金融会社になっているのです。

プロミスは貸金業者であり、貸金業法が改正されたことで生き残りをかけるため、様々なサービスを展開しています。その一つに無利息期間キャッシングが在ります。

無利息期間キャッシングと言うのは、30日間分の利息がゼロになると言うキャッシングサービスです。但し、初めて利用する人と、ポイントサービスに申込みを行うと言った条件が在ります。尚、無利息期間は30日間になり、これを過ぎると通常の利息が加算されることになります。

所で、ブラックリストになると、プロミスのように30日間無利息キャッシングと言うお得なサービスが在っても利用する事が出来ません。ブラックリストに掲載されることで、全ての消費者金融会社のキャッシングなどの申し込み、クレジットカードを作ることが出来なくなります。

ブラックリストというのは信用情報機関の中で管理が行われている個人情報の中に事故歴が記載されている事を意味しています。消費者金融は、申込みに来た人の信用情報を照会して審査を行いますが、この時過去に事故歴が記録されている事で申し込みを断れてしまうのです。

尚、信用情報機関の個人情報というのは一定期間記録が行われます。過去に金融事故でもある滞納や債務整理を行った場合は、一定期間記録が残され、期限が来るとそれは消されることになります。但し、信用情報機関には3社ほどがあり、どのような情報がどれくらいの期間で消されるのかは解らないのです。

因みに、信用情報機関が管理している個人情報には申し込み履歴や遅延履歴なども記録されていきますので、頻繁に申込みを行っていたり、遅延を繰り返していると申し込みブラックや遅延ブラックと言う形になり審査に通りにくくなりますので注意が必要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 →簡単にお金を貸してもらえるカードをお探しの方は絶対ここ← All Rights Reserved.